手をつなぐカップル
  1. 排卵誘発剤を通販で購入!不妊治療の第一歩   >  
  2. 排卵誘発剤のリスクとは

排卵誘発剤の効果が知りたい

ベアのおもちゃ

排卵誘発剤はホルモンを誘発させる作用があるため、ある程度の副作用があります。不妊治療を考えている方の不安要素の一つに、お薬の考えられるリスクを上げている方も多いのではないでしょうか。ここでは、排卵誘発剤を服用する時の、副作用やリスクについて調べてみました。

排卵誘発剤で考えられるのが、「多胎妊娠」です。自然な妊娠でもおよそ1%起りますが、排卵誘発剤によって、複数の卵胞が発育する可能性があり、双子や場合によっては三つ子を民心する可能性があるということです。たいてい、双子を妊娠した場合、妊婦や妊婦の家族は喜ぶことが多いようですが、一つの子宮に複数も妊娠することはそれだけリスクを伴います。
早産のリスクや胎児が育つ過程で栄養が偏り、体重差が出たりします。母体への影響も、妊娠中毒症や用水過多による肉体的な負担が増加し、妊娠継続が困難になるケースもあります。

そのほか、「卵巣過剰刺激症候群」という卵胞が多く発育することで、卵巣が過剰に大きくなってしまうケースもあります。どうして起るのかというメカニズムははっきり分かっていない用ですが、ひどい場合は胸水や腹水がたまり、呼吸困難や腹痛をおこすこともあります。
女性側の不妊の原因で多い、排卵障害。その治療には、排卵誘発剤が使われることがほとんどです。排卵誘発剤によって、不妊が解消される可能性はありますが、その分リスクもあります。お薬を服用する前に、副作用やリスクをしっかり理解し、正しい服用を心がけましょう。